機械工業の始まり
川口市は埼玉県の最南端に位置し、荒川を隔てて東京に隣接し今や人口50万人を数えています。川口の機械工業の歴史は、鎌倉時代の発祥と言われる鋳造の隆盛に伴い明治末期より始まり、第2次世界大戦を境に飛躍的な発展を遂げ、川口市を代表する産業の一つになりました。川口機械工業協同組合はこの川口市を中心とした県内の機械工業に携わる事業所によって組織された70余年の歴史ある団体であり、地場産業を代表する有力な経済団体としての地歩を築き、機械工業の振興発展と組合員の繁栄を目指し幅広い事業活動を展開しております。
組合の概要
名称   川口機械工業協同組合
所在地   埼玉県川口市本町3丁目3番6号
    TEL:048-224-8111 FAX:048-224-8116
代表者   理事長 松井 勤
創立   昭和9年4月1日
設立   昭和25年1月23日
出資金   1億4,169万円
組合員数   188社
組合施設   組合会館 平成15年6月竣工
組合会館
加盟団体
埼玉県中小企業団体中央会
埼玉県機械工業団体連合会
川口工業振興協議会